貧乳なパートの子と人前露出エッチ話

貧乳なパートの子と人前露出エッチ話 みんなのエロ話-エログ箱


PCとスマホやタブレットで読めるエロ話をまとめて掲載!!


みんなのエロ話-エログ箱 --> 貧乳なパートの子と人前露出エッチ話





記事No.911:日付(2016-05-30)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

私が新入社員だった頃、秋に社員旅行が有り、社員とパート、アルバイトを含め総勢150名ほどで、石川県の山中温泉に行きました。
予定より少し遅れてP.M.6:30ごろに旅館に到着し、すぐに全員温泉に入り、P.M.7:30ごろから宴会が始まりました。私は新入社員だったのでカラオケを歌ったりして自分の席でビールを飲みながらくつろいでいると、パートとして働いていたK子が私の隣の席にビールを手に持ちながら座りました。

K子は23歳で痩せ型で体型はあまり良いとはいえませんが、顔は普通で前から私に気がある素振りをしていました。

温泉に入ったあとだったので、私は浴衣姿、K子はタンクトップにトランクスのようなショートパンツでした。

しばらくK子と話しているとK子がいきなり浴衣の上から私の股間を触りながら「大きいね」と言い、

「私、今ノーブラなの」と言いました。

私は酔っていましたので「本当?」と言いK子のタンクトップの襟口を指で引っ張り覗き込むと

K子の小さいAカップぐらいの胸とピンク色した乳首が見えました。

K子は「見えた~。エッチ!」と言い、横に座っていたパートさん達も

「○○君とK子さんラブラブね」と冷やかしていました。

そのうち、宴会も終わりとなり全員自由行動となり、宴会場から出ることになりました。

私も宴会場から出ようとしましたが、すこし酔っているK子が「トイレに行く」と言いましたので、

ついていってあげることにしました。

宴会場のすこし離れたとこにあるトイレまでついていき、女子トイレの入り口でK子を待っていました。

しばらくすると、K子が女子トイレから出てきましたが、

私を見るなり「酔っちゃった」と言って女子トイレの入り口の前で座りこみました。

私はK子を立たせようとK子の腕を掴み、腰に手をまわそうとしましたが、手がK子の脇に入り胸に触れました。

K子は「どこ触ってるの~」と甘えた口調で言いましたので、

酔っていた私も「さっきK子も俺のち○ぽ触っただろ」と言い返しました。

するとK子は座り込みながら、「おっぱい吸って!」と言ってきました。

私は酔った勢いも有り、今いる所が皆が出入りする客用トイレの入り口だという事を理解していながら、

K子のタンクトップを捲り上げてK子の小さいAカップの胸のピンク色した乳首を吸い始めました。

しばらくK子の乳首を吸ったり舐めて舌で転がしたりしていると、

よがり声を上げていたK子が私を立ち上がらせて浴衣の裾を捲り上げて、

私のトランクスを足首まで下ろし、K子はタンクトップが捲りあがり

Aカップの胸が見えたままの状態で私のち○ぽを舐め始めました。

当然旅館の部屋の外にある客用トイレの女子トイレの入り口に私とK子は居るので、

一般の女性の宿泊客や同じ会社の女子社員やパートさんらが女子トイレにやって来ました。

K子のタンクトップを捲り上げて乳首を吸っている私や、わたしのち○ぽをフェラチオしているK子を見た人たちは

様様な反応を示しました。

私達を見てすぐにUターンして帰っていく女性や、私達を見ないようにして私達の横を通って女子トイレに

はいっていく女性や私達をまじまじと見ながら私達の横を

通っていく女性や笑いながら「○○君とK子さんたち、すごいエッチね」

と言って横を通っていくパートさんやK子にフェラチオされているわたしの睾丸を触って

「私もしてあげたいわ」と言って女子トイレに入っていく30歳代半ばぐらいの酔った女性客など反応は様様でした。

しばらくK子にフェラチオさせていましたが、今度はK子を立ち上がらせてK子のショートパンツを足首まで下げ、

レースの入った白のパンティを足首まで下げて私はしゃがんで、K子の右足の太腿を私の左肩にのせて、

足を開かせてK子の大陰唇を両手で広げ、K子の大陰唇のピンク色した裏側や、

やや飛び出して少し黒く変色し始めている小陰唇や小陰唇の上のほうに

ある小さなピンク色したク○トリスや膣口を舐め始めました。

途中で左手の親指と人差し指で大陰唇を広げながら右手の人差し指をK子の膣口に入れて出し入れしたり、

人差し指と中指の2本の指で膣口に出し入れしたりしました。

K子はしばらくするとよがり始めましたのでK子の膣口に出し入れしている2本の指を激しくピストン運動しながら、

舌でク○トリスを舐めたり転がしたりしていると「いきそう!いい~!いきそう~」と言って最後は愛液を膣口から

垂れださせながらイってしまいました。

二人とも身なりを整えて自分達の部屋に戻ると、トイレでの出来事が社員やパートさん知れ渡っているらしく、

何人かの酔っている先輩の男性社員や女性社員らに別の部屋に連れて行かれ、

「先輩の命令や!トイレの前でしていたことをもう一度やれ!」とニヤニヤしながら先輩の男性社員に言われ、

やけになって先輩の男性社員や女性社員に見つめられながら、

トイレでしていたフェラチオやクリニングスを私とK子でしていましたが、

知っている人に見られていることに二人とも興奮し、

最後は二人とも服を脱ぎ、セックスまでいき最後はK子の膣の中に中出ししました。

K子は最後に「前にガソリンスタンドで6人の男の子に輪姦されたときと同じようで気持ちよかった。」と言いました。

この社員旅行から帰った後はK子とはセックスフレンドとして付き合いました。

タグ:貧乳/露出/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:淫乱に調教された人妻のSMエロ体験談



続きを見る

記事名:人妻と外での青姦エッチ体験談/小説/話



続きを見る

記事名:旦那しか知らない人妻に中出し不倫セックス告白体験談



続きを見る

記事名:女子大生が巨根男性に中出しビデオ撮りされたレイプ体験談/小説/話



続きを見る

記事名:不倫にハマる淫乱子育てママの人妻エッチ体験話



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ話-エログ箱 --> 憧れのお姉さん夫婦のエロビデオ視聴エロ小説