息子とセックスに夢中な母親の近親相姦セックス告白体験談

息子とセックスに夢中な母親の近親相姦セックス告白体験談 みんなのエロ話-エログ箱


PCとスマホやタブレットで読めるエロ話をまとめて掲載!!


みんなのエロ話-エログ箱 --> 息子とセックスに夢中な母親の近親相姦セックス告白体験談





記事No.461:日付(2016-01-20)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

息子とセックスするようになってから、数年になります。
もう、息子も25歳、私も46歳になります。
初めての時は、誘ってしまったのは私でした。
ワーカーホリックの主人は、今もそうですが、SEをやっているので、週の内3日か4日は会社に泊まって帰ってきません。
私は欲求不満だったのです。

まだ若かったし、セックスも好きな方でした。
息子はスポーツは特にしていませんでしたが、背も185くらいあって、筋肉質の体をしていました。
最初は息子とセックスしようなんて、思ってもいませんでした。
きっかけは、近所の奥さん達との喫茶店でのお喋りでした。
10のうち1か2は、いつもセックスがらみの話になるのですが、その日もそうなって、その内の、息子と同じくらいの男の子がいる奥さんが、自分の息子のペニスの話を始めたのです。

私も顔ぐらい知ってる子供でした。
細身の可愛い顔をした子だったのですが、ペニスが大きいと言うのです。
オナニーしてる所を見てしまったらしいのですが、長さは20センチくらいあって太さは余りないけど、切なそうに自分で握ってオナニーしてるのを見たら、声も掛けられないで、見てしまったそうです。
濡れちゃったのよ、自分もオナニーしちゃって。そんな話でした。

私も想像してしまって、濡れてきました。
家に帰って、ソファに座りながら、何時の間にか、オナニーしてしまいました。
気持ちいいけど、物足りませんでした。
シャワーを浴びて、お風呂場で鏡に映った自分の姿を見ました。
164センチ、バスト82センチ、ウエスト66センチ、ヒップ90センチ、まあまあだと思いました。

私の裸を覗いたり、私の下着でオナニーしてるのよ。
そう言ってたことが頭に浮かんで、お風呂から出ても、体が火照ってました。
4時でもうすぐ息子が帰ってくる。頭の片隅でそう思いながら、私は裸の上にバスローブを羽織ったままで、リビングのソファに座って、自分の指で自分を慰め始めました。

夢中になってました。
夢遊病みたいに、押入れに隠してあったヴァイブレーターを取り出して来て、ソファに横になって、オナニーをしていました。
息子が帰ってくる、見られちゃう、・・・・見て欲しい・・・そんな事を考えてると、ますます興奮して、激しくヴァイブを動かしてました。
自分で乳房を揉み扱いて、足を大きく開いて、バスローブは肌蹴て、もうほとんど裸でした。

夢中でした。
ガタっていう音で目を開けると、ソファの足元の方に、呆けたように立ちすくむ息子の姿がありました。
見られてる!、そう思った途端、クライマックスに達してしまいました。
「○○ちゃん!」
そう叫びながら。

息子が息を飲むように、私の方を見て、そして慌てたようにズボンを脱ぐのが、判りました。
「お母さん!」
パンツを脱ぎ捨てた息子が、私の上に圧し掛かってきました。
私の濡れそぼったあそこからヴァイブが抜き取られました。
焦ったように、息子のペニスが押し入ってきました。
気持ち好い、熱い鉄棒が捻じ込まれたようで、私は声を上げて息子を迎え入れていました。

息子が私にキスしてきながら、腰を動かします。
「ああっ、お母さん!」
「○○ちゃん!」
私はすぐにクライマックスを迎えてしまいました。
ほとんど同時に、息子も体を強張らせて、私の中に熱い液を迸らせてきました。

「お母さん、ごめん・・・」
私の体の上で、身を震わせながら息子が謝ってきました。
「ううん、○○ちゃんは悪くないのよ・・・」
私の中でまだ堅いままの息子のペニスを感じていました。

10分もしないうちに二回目を始めました。
もう最初から私は感じていて、息子がぎこちなく動かす腰に足を絡めて、快感を貪っていきました。
恥ずかしいくらい声を上げました。
お隣の家に聞こえるんじゃないかと思うくらい。
二人とも裸の胸に汗をかいて、クライマックスを迎えました。

柔らかくなった息子のペニスをティッシュで拭いて、そしてフェラしてあげました。
唇の間でそれがだんだん大きくなって、牛乳壜くらいの大きさになりました。

結局、3回して、その日の私の誘惑は終わりました。
息子は初めてだったそうです。

次の日から、主人のいる土日を除いて、毎日5時から8時くらいまでが私達のセックスタイムになりました。
スキンをつけるのが嫌、と言うので、私がフィルムを使うようになりました。
でも若くて回数が多い所為か、一度だけ妊娠しました。
主人とも、週に一度はするようにしていましたが、息子の子供かもしれないので堕ろしました。

それが、関係を止められる機会だったかもしれませんが、息子の方がどうしても、というので結局続いてしまいました。
大学を卒業するまで、もう少しだけと、だんだん伸びてしまって、就職した今も続いています。
息子が大学に入ってから、息子の知り合いになった人からピルを分けてもらって飲むようになりました。
息子にも、彼女が出来たのですが、彼女とデートするのは土日なので、平日は私を求めてきます。

主人が帰ってくるかもしれない、8時から12時くらいの間が今の二人の時間です。
一度など、11時ごろ、二回目を始めていた最中に、今駅前で、タクシーで帰るという電話が掛かってきて、息子の体の下で電話を受けた私はなんだか余計感じてしまって、主人が帰ってくるわずか10分くらいの間に二、三回も感じてしまって、主人が帰ってきた時にはトイレでビデを使い始めたところなんてこともありました。

すごいHお母さんになってゆくようで、自分が怖いです。
やめなきゃ、と考える時もありますが、息子に抱きしめられると、すぐに濡れてしまって、体が応じてしまいます。

タグ:近親相姦/母親/セックス/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:エッチで美乳な義母との不倫セックス話



続きを見る

記事名:巨乳娘に乳揉み&ねっとりフェラチオ体験話



続きを見る

記事名:世話焼きの人妻と不倫セックス告白話



続きを見る

記事名:真面目で可愛いけど淫乱な後輩の嫁を寝取った不倫告白話



続きを見る

記事名:隣の旦那さんにフェラチオする淫乱人妻エロ小説



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ話-エログ箱 --> 元カノの人妻に中出しセックス不倫エロ体験話