不倫相手との気持ち良いセックス人妻エロ体験小説

不倫相手との気持ち良いセックス人妻エロ体験小説 みんなのエロ話-エログ箱


PCとスマホやタブレットで読めるエロ話をまとめて掲載!!


みんなのエロ話-エログ箱 --> 不倫相手との気持ち良いセックス人妻エロ体験小説





記事No.1728:日付(2017-07-28)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

私F子(30歳既婚結婚10年目胸はGカップ!)は、
主人に最近相手もされず子供の育児ばかりで正直ストレスと欲求不満で、
出会い系サイトの人と会ってエッチしちゃいました。
相手は35歳?だったかな。背が高くて見た目は優しそうな感じの人でした。
でもその人エッチのときはかなりのSでした。

正直私は20歳で旦那と知り合い子供が出来てそのまま結婚したので、
主人以外は主人と付き合う前の人と2人しか経験はありませんでした。
でもエッチに関してはいろいろと興味もあったのですが、旦那は子供にばかり・・・
ネットを見たりして通販でオモチャも・・・とも思ったのですが、
なにぶん実家暮らし(しかも旦那の)なので、通販も難しい。

しかし夜はわりと以前からストレス解消!と言っては家を出てドライブに行っていましたので、その出会い系の人と会うのも割と簡単に夜出て行けました。

相手はNさん。見た目はすごく若い・・20代かと思った。

会ってから「私でも大丈夫ですか?」と聞いた。正直デブがコンプレックスだったから。
しかし彼は「どして?けっこうタイプなんだけどな!」て言ってくれた。正直嬉しかった。

車の中でNさんのことを聞いた。
Nさんはバツイチ。奥さんに浮気されて離婚したらしい。
Nさんは「仕事が忙しくてあんまりエッチしたり愛してやれなかったからなぁ・・俺も悪かったのかな・・」
でも明るく「もう過去のことだけどな!」って。

足早にホテルに行くとNさんは「風呂一緒にはいろ!」と言うが
私は「でも・・・恥ずかしい・・・」
彼にはこれまでの経験人数なども話してあった。
しかしNさんは「俺だって恥ずかしいさ!大丈夫大丈夫!」と明るく言うので仕方なく一緒に。

すると「わぁ!超好み!おれぽっちゃりした人好きなんだよね~良かった!」ってワタシポッチャリ超えてますよ。

嬉しいやら恥ずかしいやらで「あんまり見ないで!恥ずかしいから!」というが、
Nさんはボディソープで全身を洗ってくれます。

首から下へ・・・胸を揉みしだき「おっきいね!」さらに下へ・・・「あっ!もう濡れてるよ!」ってハズカシイ!!

Nさんはけっこうカッコイイんです。そんな人に触られて・・・しかもエッチは超久しぶり・・・
かなり濡れていたのも自分でわかりました。

「ヌルヌルしてる!指入っちゃうかな?」と濡れたアソコに指を入れられると、
「あぁすごいね・・・すごく濡れてるよ。」と耳元で囁かれました。
N「じゃ続きはベッドでね!」とさわやか?に。

風呂から上がりちょっとソファーでNさんが入れてくれたコーヒーを飲んでいました。
Nさんは「エッチだなぁ!俺も興奮してきちゃうよ!ホントにイカせまくっちゃうよ?かなり乱れてたし濡れてたし俺知らないよ?俺に嵌っちゃっても(笑)」
なんていう。

私も「だって・・・久しぶりだししかもNさんみたいな人にそんなことされると・・・あぁんあぁぁん」
とNさんはまた私のアソコを触ってきました。

Nさんは「だいぶ感じてきたね?もうおま○こグチャグチャだよ?しかも締りがいいし、早く入れたいなぁ・・でも1回指でイカせちゃおうかな??」
と言うと、アソコのなかの指をすごいスピードで動かし掻き回してきました!!

その快感に私も耐え切れず
「あっあっあぁんそんなにしたら・・・そんな・・あっ」
Nさんは
「さっき会ったばっかりの男にアソコ掻き回されてイッちゃうの?エッチだなぁ~イキたいの?」

私「あぁっこんなにされたの初めて!あっあっイキたいです!もう・・ダメ・・」
N「はいっ!ストーップ!」
と突然指を止めました。

私「なんで・・もう少しでイキそうだったのに・・イジワル~!!」
N「だぁってユビでイカせちゃったらつまんないじゃん!入れて欲しいんだろ??ずっと見てるジャン?」

私は正直チラチラ見えるNさんのオチンチンが気になって仕方ありませんでした。
というのも最初の人や主人のモノとは違って明らかに大きいんです。
太いし長いしあとカリ太っていうんですかね?
しかもちょっと曲がっていてエッチな感じでそれを「入れてみたい!」って思ってました。

でもユビであんなにされちゃうとホントにイッちゃいそうで・・イキたかった。

そんな私の心を把握しているかのように、Nさんは「大きくしてよ!クチでさ。」
私「えっ!?!まだ大きくなるの?」
N「うん!まだ半立ちくらいかな?」
私「えっ?ホント?こんなにおおきいのに・・スゴイ・・」

N「へぇダンナのよりも大きいの?で入れたいんだ?」
と意地悪く言ってきます。
私「はい・・すごく大きいです・・入れてみたい・・・」
と漏らしちゃいました。

N「じゃ俺も気持ちよくしてもらおっかな?咥えて!」というとその大きいオチンチンを私の口の前へ・・
私「入るかな・・んっ大きいっ全部入らないよ!」
N「じゃぁアソコにも入らないかな??」
というと私の足を広げていきなり入れてきました!

私「あっそんな・・いきなり・・あっあぁんあぁん気持ちいい!」
N「いきなり?じゃぁやめちゃお!」とオチンチンを抜いてしまいました。

私「えっ!?!もうぬいちゃうの?気持ちイイのに・・」
N「だっていきなり?とか言うしさ!」

私はイカせてくれないNさんにお願いしたくなっちゃいました。
私「Nさんお願い・・入れて下さい・・お願いします・・」
と普段なら絶対言わないのにお願いしちゃいました。

N「えっ?入れてあげてもいいけど俺の言うことなんでも聞く??」
と言ってきましたが、どうしても欲しくなったので、
私「はい・・なんでも言うこと聞きますから!入れて下さいっ!」
私はさらに濡れてきてしまいました・・

N「そんな潤んだ目で見るなよ~エッチだなぁ!じゃ最初の言うこと聞いてくれる?」
私「はいっ!なんでも聞きますから!」

N「じゃ目隠しするよ!そして足開いて!たっぷりイカせてあげるからさ!」
私「えっ!?!目隠し?恥ずかしいです・・」

N「言うこと聞くっていったじゃん!じゃ帰ろ・・・」

私「えっ!?!待ってください!しますから!お願いです!」
とお願いしちゃいました。私奴隷けっていだぁ・・
と私は目隠しをして恥ずかしながら足を開きました・・

N「よし!じゃこれからお仕置きアーンドお楽しみターイムだっ!!」
というとNさんはまず私のアソコを荒々しくクンニしてきました・・・

見えない怖さと恥ずかしさでいつも以上に興奮してしまい、
「あっあーーーっスゴイっ!キモチイイ!ダメっダメッ!イキそう!もうイッちゃう!!」
と言うとNさんは
「じゃ次!!これはどうかなぁ~」
と指を入れてきました!

Nさんは思い切り激しくそして奥の奥を揺さぶってきて私は
「これもイイ!スゴイっ!あぁーーぁ!なんか出ちゃう!出ちゃう!あっダメっ!」
と言うとさらに掻きまわすスピードを上げてきて大量の潮を吹いちゃいました。

N「あははっ!スゴイね!おねだりまでしちゃって結構淫乱なんだな!」
私「そんなことないですっ!Nさんが上手いから・・・思わず・・」

N「そういってくれるとコッチもやりがいがあるなぁ!じゃもっとキモチヨクなりたい??」
私「はい・・もっとシてください・・もっと気持ちよくなりたいです!」すっかり嵌っていますね・・

N「クチでしてよ!おくまで咥えて!」と言われましたが正直大きすぎて無理と思ってましたが、早く入れて欲しくて仕方が無くて奥まで咥えました。
私は太ももまで滴り落ちるくらい汁が垂れていました。
それを見たのかNさんは
「チ○ポ咥えて濡れちゃうんだ?ホントエロいなぁ!来て良かったよ」
と私の頭をナデナデしてくれました。
ありえないけどちょっと愛を感じちゃいました。

するとNさんが立ち上がって「今度はパイズリしてよ!」私はしたことが無かったのですが、入れて欲しくて欲しくて頑張りました。
N「あぁーキモチイイよ!おま○こでしてるみたい。」
というと、私をベッドに寝かせ足を開いてきました。

私は『いよいよか・・早く欲しい』と思ったのですが、Nさんはまた指で掻きまわして来ました。
私「えっ!?入れて欲しい!欲しい!あっでもっキモチイイ!またイッちゃう!出ちゃう!」
私は再び潮を大量に吹かされちゃいました。

Nさんは私を抱きしめ「入れるよ?ホントに知らないよ?」と言ってきました。
私は快感に溺れ「はい・・入れて下さい・・もうオカシくなりそう・・」と言うと、Nさんはやっと奥まで入れてくれました。
ホントに大きい!しかも太くて長くてカリが色んなところに当たる。

さっきまでイカされまくっていたのですがそれからは一突きごとにイッてました。

「あっあっNさん!すごすぎる!ダメ!ダメ!離れられなくなっちゃうよ~!またイク!イッちゃう!あぁーーーーーーーっ!出ちゃう!また出ちゃうよ~!!」

と突かれながらイキまくり潮を吹きまくっちゃいました。

彼もイキそうになったのか腰を振る早さが早くなっていき
「俺ももうイキそうだよ!」
というとさらにスピードを上げてきてパンパン言わせて腰を打ち付けてきました。
そしてNさんはイクと同時に私の中に大量に精子を出しました。
中が熱くなっていました。安全日だったし。
でもその時にはもう私は半分失神状態でした。

エッチが終わると彼は優しく「どうだった?俺超キモチよかったよ!ありがとう!」と声をかけてくれて、
私は「ホントにNさんから離れられなくなっちゃう・・・凄すぎるよ・・こんなに感じたのも初めて・・」と言った。

しばらく黙っていたNさんは
「ダメだよ・・ダンナとちゃんとやりなよ!F子さんはカワイイしこんなに感じてくれるんだから、そんな姿を見せればダンナも欲情しちゃうと思うよ??潤んだ目で『欲しい・・』って言えば、ダンナなんかイチコロだぜ(笑)!って実際俺もかなり欲情しちゃったからな!!残念だけどもう会わないよ。っていうかあえないよ。ダンナの元に戻りなよ!ダンナを満足させてやれよ!」
って言った。

『なんでそんなこというんだろ?』って思いましたが、Nさんの気持ちを察しました。
確か奥さんの浮気で離婚したって言ってたっけ。
私を見て昔の奥さんと重ねてしまったのかな・・

私「ありがとう!私頑張ります!主人ともう一度付き合い始めのようになれるように、私を見てもらえるように頑張ります!でも浮気しちゃいましたけどね・・(笑)」

私は泣けてきちゃいました。

N「でもF子さんは俺の中でかなり良かったからもう1回しちゃお!!」
とまたいきなりオチンチンを挿入してきました!!

私は感動して泣いちゃったのとキモチよさで
「あり・・がと・・うござ・・います!またイッちゃう!Nさんスゴイのっ!あっだめっ!ダメッ!また出ちゃう!あぁーーーーっ・・・」

とまたイカされました。

その後二人はそれぞれ家に帰りました。もう夜中の2時です。主人も寝ています。
『誘うのは明日にしようっと!!』

Nさんからメールが来ました。
「今日はありがとう!超キモチ良かった!!自分に自身を持って頑張れよ!俺みたいに自信過剰はダメだけどな!ダンナを誘ってどうだったかメールくれよ!コレ最後の命令(笑)よろしく~じゃあね!」

私は返信しました。
「エッチのときはSだけどとってもいい人なんですねぇ・・もっと早く出会っていたら・・・ってダメダメ!私には主人がいるもの。ガンバロ!ありがとうございました!」

次の夜私は主人を襲いました(笑)しかもNさんと行ったホテルで。田舎なんでソコしかないんで!

主人はびっくりしたようでしたが、久しぶりに超愛してくれました。
正直エッチはNさんのほうがぜんぜん凄かったんですけど・・でも嬉しかった。
前のようにまた上手く行くような気がして涙が出ちゃいました。

主人には「ありがとう!好きだよ!もっといっぱい愛して!」っておねだりしちゃいました。
そしていっぱいイカされちゃいました。

「あっソコっソコっソコがキモチイイの!!もっとして!」ってNさんに気付かされた、キモチイイポイントを主人に伝えながら私は何度もイキました。・

私はもっと早くからこうしていればよかった。もっと自分にエッチに素直になればよかった。
とNさんと浮気したことをちょっと後悔するとともにNさんには感謝で一杯です。

あれからNさんに一度メールしました。
「主人を襲っちゃいました!いっぱいイカせてもらいました。これもNさんのおかげです。主人とはあれから上手くいってますので勝手ながらもうメールしたりお会いしたり出来ません(笑)ホントにありがとうございました!ではm(__)m」と。

Nさんからは「いやぁ良かったね!でもやっぱ浮気はよくないよなぁ!頑張れよ!じゃぁ!」と。

Nさんって奥さんに浮気されて別れたって言っていたから、そういう夫婦の気持ちがわかるのかなぁ・・・
だから最後にあんなこと言っていたのかな?
それともたまたま私が主婦で昔の奥さんと重ねて見てしまってそう言ったのか?
それともただヤリたいだけだったのかどうかわかりませんけどね(笑)

どこかにNさんと出会って変わった方がいればぜひ語りたいですね!
エッチはホントに凄かったんだから(笑)

Nさんはある意味「キューピッド」だったのかもしれません。

タグ:人妻/不倫/セックス/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:浴衣姿の専務の奥さんに中出しエッチ話



続きを見る

記事名:ドSの妻のお仕置き騎乗位プレイ人妻SMエロ話



続きを見る

記事名:彼氏に騙され4Pで犯されたOLのエロ体験話



続きを見る

記事名:オフィスで立ちバックセックスOLエロ話



続きを見る

記事名:妻に隠れて母親と近親相姦エロ告白体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ話-エログ箱 --> 憧れのお姉さん夫婦のエロビデオ視聴エロ小説