初対面でいきなりフェラしたエロ体験小説

初対面でいきなりフェラしたエロ体験小説 みんなのエロ話-エログ箱


PCとスマホやタブレットで読めるエロ話をまとめて掲載!!


みんなのエロ話-エログ箱 --> 初対面でいきなりフェラしたエロ体験小説





記事No.1136:日付(2016-07-25)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

ダンスレッスンの帰り、駅からバスで帰ろうとバス停に向かって歩いていたらスーツ姿の男性に声をかけられました。
「遅いですね」そんな風に言われたので知り合いだっけ?と思い、にっこり笑いながら「はい、まぁ・・・」と反応してしまいました。
全然知らない人だったんですけどねww私が反応したもんだから、色々と話を始めました。

「いい奥さんっぽいねー」

「私バツイチですw」

「えっそうなの!?俺はね、一応まだ繋ぎ止めてる~」

と言って、乗ってた自転車の子供用の椅子を指差しました。
こんな小さい子供がいるパパなのにナンパしてくるなんて、すごい堂々としてるなぁと感心しましたw

でも喋り方がチャラい感じがしました。

「今彼氏いるの?」

「寂しくない?」

「セフレとかいる?」

「S?M?」

等々、会ってまだ5分もたってないのに、結構すごい話をしてました。

「バスの時間、まだ大丈夫なら少し歩こうよ」

と言われ、一つ目のバス停に向かって歩き出した私たち。

人気のあまりない時間だし、場所もちょっと暗かったので手を繋ぎ、歩いてもう少しで大通りに出るってところで、その人が自転車を止め、

「せっかく会えたんだからもうちょっと楽しいことしようよ」みたいなことを言って、腕を広げて「さあおいで」状態。

その腕に身を預けると首筋にキスをし、私の匂いを嗅ぎながら耳へ吐息をかけてきました。

耳が敏感なのでビクってしたら「もう弱点見つけた♪」と、楽しそうに私の耳を攻める男性。

そのまま暗い駐車場に連れ込まれ、車に壁ドンの状態で体を撫でられ、首・鎖骨を舐められ、服の上から胸を揉まれまくりました。

「車の窓に手ついて」と言われ、その通りにすると後ろから胸を触られ、まさぐられ、ズボンの中に手を入れてきそうになりました。

私は慌てて「え・・・ちょっと待って!ダメダメ!!そこはw」
「じゃあ、俺の触って・・・」
彼のズボンの上からち○ぽを触ったら、フル勃起。しかも硬くて立派なサイズのち○ぽ。

後ろからおっぱいを揉まれつつ、後に立ってる彼のち○ぽを手でしごいている私。

「触り方がやらしい」と言ってどんどん興奮していく彼は、更に暗い方へ連れていき、「ね、お願い、しゃぶって」

「え!?ここで?今?」
「そう、ここで。俺溜まってるからすぐイクよ。だから口でして!!」

駐車場で、くわえさせていただきました。

やっぱり大きくて結構辛かったけど、ほんとに20秒くらいで「もう出すよ!!」
「(え?早!!)んんんんーー!」

口内発射されました。

久しぶりだったので、この口中の精液をどうしたらいいのか・・・と一瞬悩んだけど、ゴックンしちゃいました☆

連絡先とか交換してないのであれ以来全く会いませんが、あの立派なち○ぽ、試してみたかったなぁ、本番で・・・とちょっと後悔してます。

タグ:フェラチオ/ナンパ/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:弟の留守中に義妹と燃えた不倫エッチ小説



続きを見る

記事名:青姦する淫乱人妻のセックス不倫エロ体験小説



続きを見る

記事名:サラリーマンの旦那が部下のOL人妻とエッチした不倫話



続きを見る

記事名:温泉旅行での人妻乱交パーティーエロ話



続きを見る

記事名:淫乱熟女達と4P乱交エッチ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ話-エログ箱 --> 淫乱お姉さんのお遊びエッチ浮気エロ体験談